本文へスキップ

幻想的な一万五千基の灯明が織り成す夏の終わりの行事  万灯会

2020年の万灯会は残念ながら中止となりました

 

 万灯会(まんどうえ)とは毎年8月の第4土曜日に仏さまに灯明を供え、滅罪生善や諸願成就を祈念する行事です。

  観音山では、清水寺から白衣大観音及び洞窟観音へと続く境内や石段に、願いが込められた一万五千基を超える灯明が敷き詰められ、観音様にお供えします。先祖の供養や思い思いの願いを込め奉納された灯籠・灯明は、見る者に日頃の感謝の気持ちを思い起こさせてくれます。


高崎観音山万灯会 中止のお知らせ

  2020年7月1日 高崎白衣大観音 慈眼院住職 橋爪良真

 毎年高崎観音山万灯会にご支援をくださり、ご参拝を楽しみにしてくださっている方には大変申し訳ないのですが、今年の万灯会は「中止」と決めさせていただきました。

 ご存じのように新型コロナウィルスの猛威は現在やや落ち着きを見せているとはいえ、まだまだこれから先のことは予想がつきません。安心して生活ができるまではなるべく三密となるようなの状況は避け、お互いに十分感染予防対策に気をつけながら過ごしていきたいと思います。
 ご理解いただきますようお願い申し上げます。

 観音様はいつでも観音山頂から皆さまのことを見守ってくださっています。例年万灯会では、その観音様への感謝の気持ちや様々な祈りや願いを込めて灯明や灯籠を奉納していただいております。仏さまに明かりをお供えして善根功徳を積んでいるのです。
 残念ながら今年は中止ですので、来年度以降の再開をめざして精進したいと思いますが、ぜひともお時間を設けていただきご都合のよいときに観音様にお詣りしていただきたく存じます。観音様への報恩謝徳の祈りを捧げ、コロナウィルス蔓延の収束を祈念し、同時にご自身の願いや思いをお伝え下さい。
 そして来年に備えて灯明(カップローソク)に願い事を記入しご奉納(奉納料500円)くださいますようお勧め申し上げます。

 また現在、今年で建立84年目を迎えた観音様(白衣大観音)の将来のため、お写経奉納による「再建立基金」への御協力を仰いでおります。ご自宅で般若心経を写経していただき奉納料千円を添えて御奉納いただくものです。その写経は観音様の裏手にあります心経宝塔に納めて永久保存いたします。詳しくは慈眼院までお尋ねください。

NEWSお知らせ

2019年 8月12日
 開催内容に 「ろうそく茶会と日本舞踊」 を掲載しました。

2019年 7月10日
 第23回 万灯会の開催内容を掲載しました。

informationチラシ

慈眼院写真
慈眼院写真